ふるさと納税が注目される理由

寄附をすると「返礼品」として特産品や特典が届く!

ふるさと納税が人気な理由の1つが、「返礼品」の存在。「返礼品」とは、ふるさと納税を行った自治体から寄附のお礼として贈られる品のことです。
返礼品は、お肉やお酒といった地域の誇る名産品や、旬のお野菜やお魚、旅館やホテルの宿泊券など、バラエティに富んだ内容となっています。
お好みの返礼品を探して、普段味わえない地域の特産品をお取り寄せ気分で楽しめることがふるさと納税の最大のポイントと言えます。

寄附をすると税金が軽減されるので、負担は実質2,000円のみ!

ふるさと納税の人気が高まっているもう1つの理由が、税金控除ができること。
ふるさと納税では、1年間で行ったすべての寄附金のうち2,000円を超える部分について、一定の限度額まで原則として所得税・住民税から全額が控除されます。
つまり、ふるさと納税を上手に活用すれば「30,000円の寄附をして、28,000円の税金控除」というように、実質2,000円の負担で地域に貢献でき、返礼品を受け取ることができます。
控除を受けるためには、控除上限額と必要な手続きが決められていますので必ず確認しましょう!

自分が好きな自治体・寄附金の使い道を選ぶことができる!

寄附先は、生まれ故郷に限らず、日本全国のお好きな自治体から自由に選ぶことが出来ます。1つの自治体だけではなく、複数の自治体に寄附することが出来ます。
また、多くの自治体は、寄附金の使い道を指定できるようにしています。使い道は、環境保護や子育て支援、文化財の保護など、多岐にわたります。そのため、寄附者として納得いく形で利用してもらえるように使い道を選びましょう!