確定申告

税金控除を受けるための申請方法のひとつが「確定申告」です。面倒で難しいイメージがあるかもしれませんが、ふるさと納税のみの申告は意外にシンプルです。

確定申告は、1年間(1月1日~12月31日)の所得を確定させ、税金を申告する制度です。給与所得以外の所得がある方や、医療費控除や住宅ローン減税などの税金控除を受けられる方が利用されます。ただし、多くの会社員の方は、年末に会社から渡される年末調整の書類を提出さえすれば、確定申告の必要はありません。

確定申告の受付期間は、原則、2月16日~3月15日になります。2017年1月~12月の間に寄附をした分については、2018年に確定申告を行います。

必要なものを用意する

以下に記載のある、確定申告に必要なものをご用意ください。
(申告方法に応じて、必要なものが異なります。)

申告書を作成する

申告書には、3通りの作成方法があります。ご自身に合った方法をお選びください。国税庁にふるさと納税利用者の確定申告に関するページがあるので、ご確認ください。

A. 手書きで作成
税務署で申告書(紙)を受け取ることができます。もしくは、国税庁の確定申告特集より、専用様式がダウンロードすることができます。必要事項を記入し、ルールに従って自身で計算を行い、捺印します。

B. 確定申告書等作成コーナーで作成
国税庁の確定申告書等作成コーナーより、申告書類の作成が可能です。画面の案内に従い、パソコン上で必要事項を入力すると、自動で控除額などが計算され、申告書を作成することができます。申告書は紙に印刷し、捺印します。

C. 電子申告(e‐Tax)で申告
電子申告を利用すると、すべてオンライン上で手続きが完了します。申告書類を印刷し、税務署に郵送・持参する必要がありません。ご利用には事前準備が必要ですので、国税庁の確定申告特集より、手順をご確認ください。

申告書を提出する

STEP2で、A・Bの方法を選んだ方は、申告書を税務署に郵送もしくは持参し、提出してください。Cを選んだ方は、オンライン上で提出を行うので、税務署に郵送・持参する必要はございません。